ブログ

2017年

7月

03日

どっちも同じ白菜

続きを読む

2017年

5月

31日

第三回コラボ教室

続きを読む

2017年

2月

23日

大根さくら漬け?

大根って実は色んな種類があるのですが、皮が紫で中が白い大根を皮ごと糠床に。

 

1日経てば綺麗なピンク色に仕上がります。

 

塩漬けや、液漬けなんかは大根辛さを抜くのに大抵「酢」を入れますが、これが曲者で、紫色が白色に移って、満遍なく色が付いてしまいます。

 

どっちかというと、ボケた感じになる、というか。

 

それを利用して、赤かぶなんかを入れると、自然な赤色で大根も漬かるんですが。

 

コントラスト、という部分で考えると、軽く漬けた糠漬け、というのがベストかな、と思います。

 

糠の状態や季節にもよるので一概に言えないのですが。

結構綺麗に出来たと思います。

 

ただ、これも市販となると、1日限定の色なので、ほんと難しいです(笑)

次の日にはピンクはもっと白になってますし、さらに進めば白色がくすんできます。

 

まさに生きてる証拠ですが、陳列棚には上品に置けておけないですね(笑)

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

23日

第二回 ウメちゃん、マーくんコラボ教室

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

16日

【パンデヌカ】


続きを読む 0 コメント

2017年

2月

15日

【バレンタインは糠漬けで次元の違う女子力】

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

カラフル糠

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

13日

「菌」

と言うと、巷では「ばい菌」の方を想定してしまいがち、ですね。

雑草という草が無いのと同じで、ばい菌という菌は存在しておりません。

自然農法なんて趣味でやっておりましたら面白いのですが、雑草が肥料に見えてくるんですね(笑)

普通の農法やっておりましたら、雑草なんてただの邪魔ものにしか見えないのですが、途端に肥料に見えてくる。

肥料というと、これは野菜増産に繋がりますから、菌で言えば「有用菌」とか言われる物になりますね。

はて、面白いですね。

雑草が肥料に見えた途端に、ばい菌が有用菌になったようですね(笑)

もちろん、体にとって有毒な菌はあります。

でも、それだけではないんですね。

それだけではないのは何となく知識で解ってるけど、というところですが、その理由は「見えない」からですね。

すぐ目の前、体全体、どこを探してもこの世は「菌まみれ」なのに、一切見えない。

「見えないのに、有る」

この辺りの認識をしてる「人」というのがおりますが、善悪というのはこの「人」が決定してるものですね。

ゆえに世界というのはこの「人」の認識如何による、という事になってますね。

なんだかよくわからない話になってしまいました(笑)

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

08日

【糠床診断】

秋に当店工場で糠床作り教室をした方なんですが、「糠床の調子が悪くなってきたので見て下さい」という事で、本日持って来て頂きました。

診断させて頂くと、塩分不足がまず感じられました。

水分の方は非常に良く管理されており、全く問題ありませんでしたが、塩分不足による乳酸菌劣性状態、だと判断しました。

糠も若干減っておりましたが。

対処としては、塩をまず足して適切な塩分濃度にし、乳酸菌はウチの糠床が調度酸味が勝ってたので足しました。

これで数日様子を見て貰う、という形で持って帰って頂きました。

これで上手くいけばこの後もずっと楽しんで頂けると思います。

それにしても、秋口から今までちょっと悪くなったといえど、ずっと上手に管理されてて素晴らしい、と感動しておりました。

ここではウンチクや理屈ぽい事を長々と今回も書いておりますけど、「美味いか不味いか」で良いと思います。

不味いものは体内に於いては必要のない、場合によっては不必要な菌が多くある可能性があります。

腐敗臭などはその最もたる例で、人間は腐敗菌(としている)ものを食べると食中毒になります。

一方ハエは大好物ですけど(笑)

とにかく、ご家庭では理屈はほどほどにして、美味くなってたらそれで良し、という具合で楽しくやって頂けたらという思いです。

現状は当店講座参加者にのみですが、無料で診断しておりますので、何かありましたらなんでもお気軽にご連絡下さい。

0 コメント

2017年

2月

07日

【白カビ生えた】


続きを読む 0 コメント